生命保険の意味

自分が入っている保険を見直すタイミングは色々ありますが、特に大きく見直しが必要であるとされているのが、子どもが誕生したときです。
子どもが誕生したときというのは、幸せいっぱいである一方、慣れないお世話や様々な手続きで手一杯になってしまうこともあります。
しかし、万が一のことを考えたときのために、なるべく早い段階で生命保険を見直す必要があります。
なぜなのでしょうか。

まず、子どもを育てていくということは、非常にお金がかかることになります。
小さい頃はまだそれほど家計の圧迫は無いかもしれませんが、大きくなるにつれて食費がかかるようになりますし、被服費や雑費なども増えてきます。
また、何より大きな家計の圧迫となるのが教育費で、子どもの進路によっては幼稚園や小学校など早い段階から私立に通うことも考えられます。
高校まで公立であったあとしても塾や習い事の費用もかかりますし、大学や専門学校へ進学するときはより大きな金額が必要となります。

多大な費用が必要とされている子育てですが、それゆえに一家の大黒柱に万が一のことが起こったら大変です。
また、子どもを授かったタイミングで、妻が仕事を退職したりするケースも少なくないでしょう。
その場合は、子どもだけでなく妻の当面の生活費も考慮する必要があります。
こうした経済的なリスクを少なくするために、生命保険は非常に重要な役割を果たすのです。
ここでは、子どもが生まれたときの生命保険の考え方についてご紹介していきます。



◎特選外部サイト
子どもの誕生に合わせた生命保険の見直しができます ⇒⇒⇒ 保険 見直し

Copyright © 2014 子どもの誕生と生命保険 All Rights Reserved.